おいしいごはんが食べたいブログ

料理修業中!いまは一人暮らしごはん。

味噌汁のもとを作る

知り合いの農家さんに、手作り味噌をもらった。

一人暮らしでずぼら自炊生活を送っている、味噌汁もろくに作らない私にとって、味噌は持て余しがちな調味料の一つだった。でも、その時に教わったレシピでその味噌を全部「味噌汁のもと」にしてしまったら、毎日使うようになった。

お湯を注ぐだけでいつでも味噌汁が飲めるようになり、他に何か一品おかずがあれば立派な晩御飯になる。

作り方

・味噌 500g

・人参 1本

・ごぼう 半分

・白ごま 大さじ2

・お酒 50cc

・みりん 50cc

かつおぶしか乾物の小魚 適量(なかったらだしパックでもよい)

・水 200cc

下準備

ごまと乾物の小魚は乾煎りしておく。

人参とごぼうはみじん切りにする。

【1】水200ccを入れた鍋で人参とごぼうを水分がなくなるまで煮て、みりん、お酒を入れる。(だしパックの場合はここで一緒に煮る。写真はその様子。)

f:id:catseye77788:20170603112445j:image

【2】味噌とかつおぶし又は乾物小魚を入れ、どんどん炒めて水分を飛ばす。水分はなるべく飛ばすと、長持ちする。f:id:catseye77788:20170603112449j:image

【3】ごまを入れて混ぜる。よく冷ましてからタッパーなどに入れる。f:id:catseye77788:20170603112453j:image

これで出来上がり。あとは、大さじ1杯ほどをお椀に入れてお湯を注ぐだけで、味噌汁が飲める。ごまの風味も良いし、何より人参とごぼうが入っているので、何も入れなくても美味しい。海藻などが入った乾燥の味噌汁の具を入れたり、豆腐を入れたりすれば、完璧な味噌汁になる。また、今回はだしパックを使ったが、やはりかつおぶしや小魚を入れた方が風味が出ると思う。

ちなみにこのレシピ、「万能味噌」として教わったが、味噌汁に使う以外に美味しい使いみちをまだ試していない。たぶん、茄子の炒めものに入れて、豆板醤を落としたら美味しい。