おいしいごはんが食べたいブログ

料理修業中!いまは一人暮らしごはん。

くわいの含め煮、くわいの素揚げ

冬はくわいの収穫期です。

くわいは、水の中で育ちます。

収穫は、レンコン用の機械で泥の中を水圧でぶおーと飛ばすと浮いてくるので、それを収穫するのです。根っこの先にこういうのができているのです!

綺麗な青紫色です。

f:id:catseye77788:20151226204144j:imagef:id:catseye77788:20151226204152j:image

小さいものは素揚げがおいしい。塩をふって。

スライスしてチップスにしてもよいです。芽は切らなくてもよかった。食べられます。

f:id:catseye77788:20151226204138j:image

 

そして、今日は含め煮をやってみました。

まずは下ゆで。あくを抜くために30分ほど皮がついたまま煮たら、水を変えて30分ほど置いておきます。

次は、皮をむいて、芽を斜めに切ります。芽が出る様子がおめでたい縁起物なので、芽は切り落とさないように。

くわい300グラムの場合。

くちなしの実を2カップの水で煮出しておいて、だしの素(小2)、砂糖(大2)、みりん(大1)、酒(大1)、塩ひとつまみ、15分ほど煮ます。

砂糖は本当はもっとたくさん入れるんだけど、控え目にしました。

あとは冷まして色と味をなじませれば完成!

f:id:catseye77788:20151226204204j:image

きれいな色が出ました。

f:id:catseye77788:20151226204200j:image

味は、ちょっとくせがあるけど美味しいです。